タグ別アーカイブ: 亀

タートルズ ペットのこと


バブル期、社命でサンフランシスコに行った時、合衆国では「ニンジャ・タートルズ」が大人気で、どこに行ってもあのハレム落書き的デフォルメのカメたちのイラストが描かれていました。

一般に水棲の亀のことをタートルturtleと言い、陸棲の亀はトータスTortoiseと言うようです。

だから、トータス松本はゾウガメに代表される亀のことなんですね。彼の命名の理由は知りませんが。

私のペットはここ15年ほど亀です。

1万年は生きないけど多分、まだまだ死にそうにありませんので。

しかし、爬虫類は突然死します。

事実、以前はもっと沢山の亀達を飼っていましたが、いままで元気だったのが突然死するパターンもよくあったのです。

現在は2匹だけ。

生まれたてを山で拾ってきたクサガメ。

そして、手のひらにも満たないサイズだったジーベンロックナガクビガメ。

前者は小さかった息子が名づけた「カメール」。

いい加減「カメックス」にしてやれよとも思いますが。

そして後者の名前は「清水」と言います。

カメックスはすでに14回目の冬眠に入り、うまく行けば来春には目覚めます。

亀のいいところはこの間ほぼ面倒見なくても良いということ。

冬眠に失敗して★になってしまう話しを良く聞きますが、幸いボクはオヤスミとオハヨウを13回も経験しております。

一方、清水の方。

こいつはニューギニア原産で、もちろん常夏なので冬眠はしない。

夏以外はヒーターで加温してやらないといけません。

今年の夏はベランダにだしておいたら、日光のせいかすごい勢いで脱皮をして、確実に一回りでかくなりました。

最近はあまり輸入されなくなったみたいなので、出来る限り大きく育てたいと思っています。

なんでもかんでも輸入する日本のザル法には嫌気がさしてるんですが。

一旦飼い始めたら、日本固有種であろうと外来種であろうと死ぬまで面倒みなければなりません。

他の動物に較べて人間は極端に長生きなのですし。

しかし、長生きで亀に勝つのは難しい・・・。

1-2013.12.8shimizu

清水です

今年も無事、冬眠から覚めました


茨木市と箕面市の中間くらいの山道で拾って、早14年。

クサガメのカメールは今年も元気に冬眠から目覚めました。

カメは空間認識能力が高いせいか、あまり大きくなりません。

でも、結構大きなセメントのトロ船で飼ってるんですが。

冬眠用シェルターです。
解凍中。
解凍完了。

元気に動いてますが、まだ当分は餌を食べません。

動物飼った以上は死ぬまで面倒みましょう。

「自然に返してあげる」オオバカモンの所業は絶対ダメ!!

あれ、今ちょっと見たら、楽天市場は生体の取り扱いがOKになったのか?

冬眠中


もう今年で12年くらいになります。

クサガメです。生まれたてのを拾ってきました。

毎年春になると元気に起きてくるのですが、今は冬眠の真っ最中。

うっかりしてたら、かなり凍ってます。真ん中だけ氷がないのは自分で割ったのでしょうか。

どんなに凍っても、多少は動く。生命の神秘。


よろしければクリックお願いしますm(_ _)m