映画レビュー:「パラサイト 半地下の家族」


リーフレットより
アカデミー賞を獲る前から注目していて、絶対に観に行こうと
思っていたけど、いざ受賞すると、「まさか!?」という
感じでちょっと萎えてしまった感がある。
ドメジャーを忌避してしまう天の邪鬼なだけなのだが。
 
ポン・ジュノ監督好きだし、ソン・ガンホも大好きなので満足。

アカデミー賞と獲るということは、今後のあり方の方向付けと
可能性を拡大させるということで、(マーケティング)本当にすばらしいとは思う。
反面、米アカデミー賞については、どうも権威としては
いまいちありがたみを感じることができない。
 
にしてもカンヌ パルム・ドール。
アカデミー4部門は快挙というしかない。
ここのところ、韓国映画のレベルは安定感が半端ない。
 
実のところ、「ん?」と思わないところがなくもなかったが、
2時間以上、まったくダレ場がなく、ラストまで引っ張っていく
その力量はすごいというしかない。
「映画力」と評したい。
スタッフ・キャストの総合力だ。
 
この映画は特にネタバレ禁止という注意書きがあるので、
あまり具体的には書けない。
 
あと、超個人的にパク・ソダムが可愛かったなと。
なんか「福岡」という映画に主演してるみたいなので、
観てみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です