GODZILLAVSKONG

映画レビュー:「GODZILLA VS KONG」


※超絶ネタバレなのでご注意!!

コロナ禍の中、公開が伸びに伸びた本作。
満を持して観に行ってきました。

たまたま平日に休みが取れたので、比較的ゆったりと観られました。
かなり観客の平均年齢は高めで、マナーの悪い輩もおらず、条件は良かったかと。

で、観終わって、いや半ばから「だみだこりゃ」でした。
一般的には良かったのだと思います。
あくまでも自分の中では失敗でした。
前作「キングオブモンスターズ(KOM)」はそれなりに満足しました。
オマージュと言うか、ゴジラ愛否怪獣愛にあふれていたと感じました。

この前作で完全に生物を超越してしまったゴジラ。
対するに所詮はゴリラの延長のコング。実際本作でも魚かなんか食べてました。

シン・ゴジラではその存在に対して、エネルギー源が説明できないという件があり、結局核燃料(廃棄物)を食べて体内で核融合を起こしているという流れがありました。
良くも悪くもハリウッド映画ではそのへんをすっ飛ばしている。
映像そのものは超リアルなのに、その拠って立つ根拠が完全スルー。

80%観た時点で、ストーリーが全く理解できない。
同時進行で別々の話が展開していき、ひたすらとっちらかってるとしか思えない。
なんとか最後にそれらが収斂してくるのですが。
とりあえず、小栗旬いる?!
日本での観客動員には寄与するでしょうが。

前作KOMでは灼熱と化し、怒りのエネルギーでギドラを含む周囲を燃やし尽くしてしまった怪獣王。それに巨大類人猿のコングがどう立ち向かうのか、それのみが興味で観に行った本作なのですが。
それどころか、唐突に出てきたメカゴジラになすすべなくボコられる怪獣王。
最後は(まさかの)大同団結ゴジラ&コング。
メカゴジラのデザインはやはり、これまでの装甲重視のものにしてほしかった。

こういう言い方は本意ではないですが。
この感じだったら、「ランペイジ 巨獣大乱闘 」の方がずっと面白かった。
もう一言言わせてもらうなら。
小栗旬いる?!

でも、次回作があったら・・・観に行っちゃうんだろうなあ。
「KOM」に比べて本作は興行収入好調らしいし。

それはともかく、死ぬまでに「ゴジラVSガメラ」が観たい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です