どうとんぼり神座 香芝店


相変わらず、ラーメンは食い続けてるのですが、ブログに書くのは控えてました。

今回は結構旨かったのでお知らせします。

西名阪自動車道の香芝インター出入口。

いつも、食いたいなあと思いながら通り過ぎる。

一つにはインター出入口で道路が非常にややこしく、どう入っていいかわからない作りなのです。

で、神座(かむくら)と言えば、昔は道頓堀でぶいぶい言わしてましたけど、今はどうなんでしょうか。

道頓堀の店は非常に狭かったのですが、香芝店はやたらと広い。

店内も駐車場も。

堂々たる店構え

ちょっと、お見せの誘導というかシステムは疑問でした。

こっちは初めてだから、わからないのに、店員はそこまで思い至らない感じ。

若い子たちなんで、責任者がちゃんと教育するべき点だと思います。

とりあえず、普通のラーメンをオーダー。(おいしいらーめん?)

それと、ランチタイムだったので、チャーシューの丼とのセットにしました。

あれー?

神座のラーメンて、こんなんやったっけ?

いや、違うよなー。

食べてみると・・・鶏がらメインのあっさり醤油味・・・うまいやん!

大好きな白菜がこれでもかと入ってるし。面は中太のストレート(確か)。

チャーシューはロースとバラが混じってるのかな。

特筆すべきは、熱さ。そう、ラーメン(スープ)がすごく熱いのです。

器を十分に湯煎しているとみた。

遅食のボクが食べ終わるまで、十分な熱さを保っているラーメンというのは珍しい。

ラーメンは熱さ=おいしさです(個人的には)

それと、若干失敗かもしれないのは量。

ラーメン多いんですよ。白菜の量もあるけど。

チャシューの丼、やめときゃよかった(;´д`)トホホ…

食いきれないで残してしまいました。

もったいないお化けさん、ごめんなさいm(_ _)m

ということで、思いがけず、結構満足したのでした。

今度、道頓堀の店にも行ってみよう。

★★★★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です