映画レビュー:さや侍   観ました


この顔面は反則やね

はぁぁ、こうくるかぁ・・・という感じ。

途中までは、「笑ってはいけない」シリーズを映画館に持ち込んで、観客を当事者にする試みか。

なるほど、主人公の演じる笑いのプレッシャーは、つまり松本自身のことなのね、とか思ってたのですが。

最後はこうくるか。

確かにいいよ、竹原和生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です