映画レビュー:海洋天堂


オフィシャルサイトより抜粋

それほど多く観てないけど、アクションもさることながら演技力の確かさに舌を巻く、ジェット・リーの文芸作。

ジェット・リーがスーパーアクションスターのオーラ、激しさ、ケレンなどを一切封印して魅せる佳作。

あのジェット・リーが真面目一辺倒しかとりえない、中年のオッサンになっています。

静かな静かな・・・映画。奇を衒ったところの全くない、正統派ともいうべき演出とカメラワーク。

悪いけど、スタローンやシュワちゃんじゃ無理でしょうね。

ターフー(息子)を演じているウェン・ジャンも素晴らしい。

自閉症と言えば、「レインマン」のダスティン・ホフマンと”確実に”比較されると思うけど、その重圧を完全に覆してます。

これも淡々と演じて素晴らしい。

泣くという意見も多いし、そのとおりなんだが、ボクとしては心に沁みいる・・・と表現したい。

あと、サーカスのクラウン・リンリン役グイ・ルンメイが必要以上に可愛すぎて、コレも( ;∀;)泣ける!

観るべし!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です