ウェブ人間論 Essay on web&Man


ウェブ人間論について

梅田 望夫,平野 啓一郎
Amazonランキング:57768位
Amazonおすすめ度:


 平野啓一郎ってなにもの?梅田望夫さんとの対談なので、読んだけど、少々うざいよ。
 この対談本の企画の原典となった梅田望夫氏の名著「ウェブ進化論」を前書きで引き合いに出し、やはり褒めちぎっているのはいいのだが、テメェの話がちっとも面白くないんだよ!
 自分の発言が「無用なペダンチックな印象を与えたが…云々」と書いているがまさにそのとおりですね。
 京都大学の学生時代に芥川賞を受賞したらしいが、作品自体は読む気がしない。
 なんか、ほんと実社会(底辺)をしらないまま、頭でっかちで現在に至るっていう感じをうけますね。
 いや、それが偏見であることも分かってるんですが。
 
 石原慎太郎の傍若無人さに相通ずるところがある。
 石原さんといやあ、昨日の新銀行東京の400億融資の問題で又、「結果を見て下さいよ。最初から水かけるようなことしないで」みたいなこと言ってたらしいけど、一回オオコケしてる人間を暖かく見られるわけないやん。東京都民はバカにされて平気なの?
 結論として、「ウェブ進化論」「ウェブ時代をゆく」の流れで読むとちょっとナニです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です