おくりびと


okuribito080925.jpg

 いや、やられました。いい映画です。
2時間を超える長い映画ですが、全くその長さを感じさせませんでした。
本木雅弘は良い俳優ですね。非常に好感の持てる良い俳優です。
 この年になると、幾度もお葬式やお通夜を体験します。
見ていてこころに染みいるような感覚を覚えました。ボク自身も納棺師に心を助けられた経験があります。
実際にはもっと汚い、目を背けたくなるようなシーンが多い筈なのですが、それは最小限に抑えた演出と見受けられます。
重いテーマなのにそれを軽やかに見せていく滝田洋二郎監督の手腕も高く評価されるでしょう。

 しかし笹野高史は現在どんだけ仕事してるんでしょう。これっちゅう日本映画にはほぼ出てる感じですね。自由自在に存在感を出したり殺したり、的確な演技ができて画面を締めることのできる素晴らしい俳優さんです。
 この映画とどちらを見ようかと迷った「崖の上のポニョ」と音楽担当が同じ久石譲の音楽も大変に良かった。
 あとは山崎努・・・いい仕事してますねぇ。

 一押し。是非ご覧になることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です