映画レビュー:「LUCKY」 こんなジジイもいいかも


lucky
オフィシャルサイトより加工転載

90歳で主演した、ハリー・ディーン・スタントンは昨年亡くなりました。
昔、公開時観ようと思いつつ見逃した「パリ、テキサス」に出ていた人です。

サボテンだらけのアメリカの田舎町に住む主人公ラッキーは90歳の元海軍軍人。

毎朝起きてタバコに火を点け、牛乳とコーヒーを飲み、ちょっとだけヨガをする。
馴染みの店でクロスワードパズルをして、夜は禁煙のパブでブラッディメアリーを呑む。

それがルーティーン。

頑固で現実主義の唯物論者。なんだかとても親近感が湧く存在です。

なんか、ジーサンになるのも悪くないかなあと思わせてくれます。

そんなラッキーの友達を演じるのが映画監督のデヴィッド・リンチ。
エキセントリックな印象の強い監督ですが、「サイレント・ストーリー」で見せたようなホンワカした一面もあり、今回は演技者としてそれを見せてくれます。

ペットの亀に脱走されて、大泣きする紳士役。
くだんの亀もいい演技を披露してくれるのですが。

実はボクも一昨年15年以上飼った亀に逃げられてしまい、感情移入してしまいます。

そう、彼が言う通り、亀は100年生きるのですから!

それはともかく。

ラッキーはそんな愛すべき人たちに囲まれて、来し方行く末を思います。

結婚もせず天涯孤独で(多分)、悲惨な戦争も経験して来ました。

その上、無神論者の唯物論者。

齢はすでに90歳。

健康にも不安が出てきます。

でも、なぜかラッキーが羨ましくもある。
そんな映画です。

★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です