夜中に煮え煮え、裁判の思い出


呑みながら、サイバラの本読んでたら、思い出したー。

何年か前ー。もめてサイババじゃない、裁判になったクソジジイ社長がいてね。

※内容は割愛するけど、ヤカラ言って金を払わないんだ。こいつが。

そいつの家に初めて行った時(あらかじめこちらに伝えてたオノレの住所が間違いで、迷ったまよった)

でかい家で、当然、商売はなんかアヤシイんだが、応接間のソファの上にシロクマがいるわけよ。

のぺーっとシロクマが・・・サンマの開きみたく。シロクマのの毛皮。ホンマモン。

なんでホンマモンと言い切れるかと言うと、手触りが痛いんだ。毛がゴワゴワで手にささりそうな・・・

なんというか、最低な感触。きたねーし。あんなもん人工的には作らんって。

まあ、その時は客で初回の訪問だから、適当にアイソしたけどね。

ソファの敷物にするシロモノじゃないぞ。

大体、ワシントン条約とかどうなってるんだ。サイテス1だぞ。絶対。

よっっぽど、へっぽこ裁判官(こいつも腹立つ)にチンコロしてやろうかと思ったわ。

ややこしいからしないけど。

あ、すんません、落ちないです。

おやすみなさいー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です