映画レビュー:「冷たい熱帯魚」 でんでんこえぇぇぇヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ


日曜日には大体、予約している本を受け取りに行くか、返却に行くか。

図書館にいきます。

その前に朝一、首のリハビリに行ったのですが、調子悪い。

非常に痛い。

歩くと尚、痛い。

お昼過ぎに帰ってきて、どうしようかとしばし悩む。

標題の映画を観に行きたいんだけど、2時間以上ある映画に、この首が耐えられるか。

調べると、梅田で2時からの回に丁度間に合う。

行かずに後悔するより、行って後悔しよう。

と、いうことで、テアトル梅田へ向かいます。

あれぇ、上映スケジュールにないやん( ゚д゚)

受付のおねいさんに聞くと、それはシネ・リーブルの方ですとのこと。

うわ( ;゚д゚)間違えた!やばい。

シネ・リーブルはスカイビルの中だ。

急げε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

スカイビル、ベタな角度、でも首が動かないのでツライ

15分くらいで着きました。昼食をとってないので、何か食っとかないと、幸せに観覧することはできない。かもしれない。

とりあえず、チケットゲット。なんだ、この時点で整理券は17番。余裕やん。

スカイビルの地下は「滝見小路」飲食街。

こんな看板がいっぱい
滝見小路。アベックのハッテン場が設けてある。

でも時間がないので、普通のものは食べてられない。

自慢じゃないが、食べる遅さで負けたことはない。

ラッキー!ドトールがあったので、ホットドッグとコーヒーを。

こちらのオネイサンの笑顔は100点満点だったので、ゆっくりしたかった。

映画館に戻ってしばらくすると、順番に入場。

ボクはいつも、後ろのほうに座るのですが、適度な込み具合でゆとりはあります。

席のつくりも広めです。

吹越満のメガネにでんでんが写ってるのですが・・・オフィシャルサイトより

一応、ホラーの範疇にいれているひともいるようで。

スプラッターとかダメな人にはおすすめできません。

でんでんが気になる。主役は吹越満ですが、でんでんもほぼ、主役といってもいいと思います。
ていうか、全セリフの半分以上はでんでんでしょう。

まず、最初にでんでんが喋り出して、こけかけた。前にもまして滑舌わるっ!

これで全編いくのか?聞きとれないところもあるぞ。

しかし、そこがある意味この役ではリアリティがあります。

かなり観客を選ぶ映画です。

間違ってもテレビ放映はありえない。ケーブルテレビでも無理なんじゃないか。
多分、放映したらクレームの嵐だと思う。

何を勘違いしたのか、ボクの隣の席には老夫婦がいるんだけど・・・。

でんでんの妻役に黒沢あすか。
「火火」で陶芸家の田中裕子に弟子入りする、超純な娘さんの役が非常に記憶に残っているので、今回の(多分、ほぼ全ての女優さんがオファー断るであろう)役とのギャップに、ちょっと唖然( ゚д゚)

狂気の主役二人を食ってしまうほど。

吹越満は、まあ想定内。良かったです。

とにかく、でんでん、こえぇぇぇヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ と、タイトルもいっかい。

でんでんの演技が怖いというよりも、あのでんでんの中にこれがあったのかという、一種裏切られた感のある、寄る辺ない怖さ。

脚本は良いと思います。

ただ、なんか(故意にだろうが)非常にわざとらしい、セリフがところどころ気になる。

んで、わざわざ、あんなリアルなもん作って、扱いが嘘っぽかったり。もったいない。

と、これは粗探しです。

もっかい言いますが、これは観客を選ぶ映画です。

多分、彼女(嫁さん)を誘って軽い気持ちでみてはいけないよ・・・。

きまずーく・・・なるよ。

映画レビュー:「冷たい熱帯魚」 でんでんこえぇぇぇヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です