映画レビュー:あしたのジョー あしたはどっちだ!?


あー、今帰ってきました。

「あしたのジョー」

この前にエンドロールの途中で退場した映画って、なんだったろうか。

観る前に、チケット買う前に、いつになく自問自答したんですよね。
なんで、この映画みるんだっけ?

んー、香川照之がでてるからいいか、香川@丹下みられれば。
と、いうノリ。

映画が始まる前に予告がいろいろありますよね。そのなかにアカデミー賞の「ザ・ファイター」があったんですよ。

その中にほんの短い軽いシャドーが。

あ、これだけで負けてるやん。

やはり、直感は間違ってなかったか?

はっきり言います。「時間と金を返せ」

・・・と、までは言わないけど。

山下なんちゃらっていう、ジョー役の人良く知らんのよ。いや、正確に言うと、全く知らない。

リアル力石役の伊勢谷友介はちょっと知ってる。

役作りはいいけど、完全に主役を食っちゃいかんでしょ。

ジレンマなのだが、主役のジョーは動・陽で、敵役の力石は静で陰。

迫力も凄みも力石の方が出しやすい。

映画としての迫力の出し方を間違えたというか、あのもっていきかたじゃ、仕方ない。

本来、劇画でも力石のカリスマ性はやばいんだから。

もう、完全に伊勢谷友介の映画になってました。

どうでもいいんだが。

ディテイルにこだわった、劇画アニメの忠実な焼き直し。

おーい、香川照之。あなたのキャリア的にはどうなのよ。

自分が一人で楽しんでただけじゃないの。

つっこみどころ・・・をブロックにして積み上げたお城みたいな。

それは言わないお約束が秒刻み。

*でもこれだけは言いたい。キメラ的に出てた倍賞美津子は一体なんなの?なんらかの説明があるかと思ったけど、全くない。原作に出てたんですか?だったらごめんなさいですが。

これまで、観た邦画のボクシング(シーンじゃなくて)技術としては、一番まともでした。さすがに。

ちゃんと練習してる。

それと、↓これは発見。

香川照之の丹下段平。原作を忠実に特殊メイクで再現。

しかし、シルエットが全く違う。

なのに、全く違和感がない。

なんでだろう。

と、半分くらい観てから気づきました。

丹下段平にそっくりなんではなくて、声を当てていた俳優の藤岡重慶にそっくりなんや!!

ま、いいや、隣のバカップルが携帯鳴らしたりしてたけど、この映画でなかったら、許せなかったもんね。

ああ、「ザ・ファイター」観たいな。待ち遠しいワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ


映画レビュー:あしたのジョー あしたはどっちだ!?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です