映画レビュー:実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子


あんまりVシネ的なものは観たことないんですが・・・。前後編観ました。

まず、ワロタ。

小沢仁志のニックネームは「顔面凶器」らしいんだが、いや、凶器すぎる。

この人、東京の人ですよね。堂に入った関西弁(神戸弁?姫路弁?)は大したもんだ。

東京の俳優の関西弁で凄いと思ったのは緒形拳。それほどでないにしても、迫力のある「なんどい!?」というセリフななかなかのもの。

違和感なかった。

役作りのために太ったのかもしれないが、空気感はまさに竹中組長。

弟役を演じている森永健司は残念ながら、アホな窃盗でつかまっちゃいましたねえ。

もぉ、復活は難しいかな。

「アウトレイジ」でも、貫禄のあるところを見せてくれてたのにねぇ。もったいない。

力也とか、マジで危ない人とかも出てますが、放送禁止的に危ないね。小沢仁志は。

そういえば、竹中組長が襲撃されて殺害されたのは江坂のマンションで、当時ボクも江坂に務めていて、現場が近所だったのを思い出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です