読書レビュー:水木しげる ゲゲゲの大放談 水木先生の適当さが(・∀・)イイネ!!


水木 しげる
徳間書店
発売日:2010-06

第一印象として、何度目かの水木しげるブームで、とりあえず出しとくかという感じの本でした。

内容は特に目新しいものはない。

対談集ですね。

ちょっと目新しいのはショコたんとの対談かな。水木先生がちょっとどう対処していいかわからん感じが(・∀・)イイ!!

あとは荒俣宏・南伸坊・佐野史郎・ゲゲゲの女房・ゲゲゲの娘くらいか。いい加減食傷気味か。

佐野史郎の鳥取・島根押しはまあいいかね。

水木先生のメジャーデヴューの「テレビくん」再録も見飽きた感じ。もちろん、作品としては素晴らしい。

できたら、対談の相手に呉智英にいてほしかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です