鶏油っつうのを作ってみました


「とりあぶら」ではなくて、「チーユ」と読みます。

とりあぶら、とりあたま サイバラさんの会社名に似てます。

ボクは鶏の皮は食べません。唐揚げとかも外して食べます。嫌いなんで。

その嫌いな皮を有効に活用できるという、調味油の作り方がクックパッドなどに掲載されていました。

簡単そうなので、つくってみようかなと。でも、皮がカリカリになるまでに時間はかかりそう。

まだまだ〜(#・∀・)

皮から油が出切るまで、とことん炒めます。

結構な量が出ます。
カリカリになった皮を引き上げ、香り漬けのために葱・ニンニク・生姜を投入。
しばらく炒めます。

酸化防止のためでもあるみたい

出来上がった「鶏油」は様々な料理(基本的に中華料理でしょうが)に使えるみたい。
チャーハンその他に使うと激うまになるらしい。

レシピではラードも加えると書いてありましたが、カロリーの問題で却下しました。

さて、現在、タニタ・レシピメニューで良い感じで減量できてるので、どうしようかな。

なんのために作ったんでしょう(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です