大阪府立図書館に行ってきました


ボクは図書館のヘビーユーザである。

近所に図書館があるというのも一因であるが、やはり所蔵場所に窮する、購入資金に窮するというのが大きい。

実際、手元に置いておきたい本だけに絞っても大変だ。

新刊書などは外れたら必要以上に悔しい。

大体はネットで検索、予約する。

豊中市は箕面市の図書館と提携しているらしい。

でも、所蔵されていない本も多々ある。

で、エリアを拡大して国立国会図書館・・・と言わないまでも、府立図書館まで検索すると、やはりかなり網羅されている。

でも、それを取り寄せることはできないんですよねえ。

府民税払ってるのになんでよヽ(`Д´)ノプンプン とは思うのですが、本屋さんや出版社のことを考えると、これもある程度線引きは必要だよなあとは思います。

ただ、言い訳すると図書館で借りてみて、(・∀・)イイネ!!と思った本は改めて購入します。

さて、その府立図書館ですが、中之島と東大阪にあります。

なんで東大阪なんだ?と思うけど、やっぱりあれですかね。大阪の誇る文豪・司馬遼太郎のお膝元っていうのが効いてるんでしょうかね。

規模からいうと、古参の中之島より東大阪お方が大きそうなので憧れてました。

先日、その府立図書館に行く機会がありました。

市営地下鉄長田駅から結構あります。

第一印象   でかっ(゜o゜;

ワクワクする規模です。となりがイオンモールなんで、便利

周りが大規模な公団住宅みたいで、ここに澄んでる人はラッキーだよね。

結構な規模です

盗難防止用のゲートをくぐってはいります。

四階に分かれているのを階段であがりました。
バリアフリーは完璧なようで、エレベーターもあるし、電動カートの人も悠々利用できてました。

空間を非常に広くとってある。

天井が高いわりに、大体の書架は目線より下にあるので閲覧するのに苦労がない。贅沢な陳列。

PCがかなり潤沢に用意されています。

Wi-Fi環境も整っているらしく、請求すればパスワードがもらえるらしい。
別にパスワードいらんやん、と思うんですが。

豊富な本たちを眺めているだけで幸福な気持になれます。

あと何年生きられるのか分からないけど、絶対に読み尽くすことはできない本の量。

本たちをずーと撫でていたくなるような・・・

しかし、公的な場所にしては手指消毒用のアルコールが入り口に一つ置いてあっただけみたい。ここにこそ必要なんじゃないの?

ここまで返しに来るのは無理なんで、借りることはしませんでいたけど。

近所にできないかなあ( ・´ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です