読書レビュー:猛スピードで母は


長嶋 有
Amazonランキング:196410位
Amazonおすすめ度:


 なぜだか、妙にこのタイトルとカバーイラストが気になってたんである。
もう、大分と前に。
 いつのまにか時間がたち、読むのが今になってしまった。

 二編「サイドカーに犬」「猛スピードで母は」が収録されているが、後ろに収められている「猛スピード」から読み始めた。

何ということもない、いわゆるドラマチックな展開というのもあまりない。ただ非力な少年の心の動きが胸にせまる。

 そして良くある光景が淡々と描写されていく。いい感じの小説である。

 前者の方が幾分エピソードがハイテンポに進んでいく感じだ。

 好感のもてるまだ若い作者である。

 他の作品も読んでみよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です