読書レビュー:週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編


最強コンビ結成!編

まったく、最強です。

全盛期のブロディ・ハンセン組くらい最強。

現在日本の「知」の代表選手である佐藤優をあえてバカボンパパのバカ田大学の後輩のように描いてるサイバラの「愛」もスゴイが、サイバラを疑うことのない「天才」とダイレクトに評している佐藤さんもスゴイ。

一つのお題を与えられ、右のページを佐藤優のエッセイ。右のページのサイバラの漫画という構成である。

当然、交互に読んでいくのだが、文章を書いているのが佐藤さんではなく、途中まで西原さんのような錯覚を覚えることがしばしばだった。

なぜなんだろう。

どっか、根っこの部分でつながってるということなのかな。

呉智英さん大好きなんだが、ひところ小林よしのりのシンパ的になってて(そんなことないのかも知れないが)ゲンナリしてました。

どうせつるむなら、サイバラとつるんでほしかった。

オソロしいことをさらっと書いてしまってる佐藤さんの文章。さすがのリアリティですんで、読んでみてください。

あと、双方ともスポーツ絡みのお題になるとお手上げで話を逸らしているのが親近感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です