映画レビュー:キセキの葉書


オフィシャルサイトより加工転載

鈴木紗理奈の主演映画。

大阪府摂津市出身の鈴木紗理奈だけど、摂津市に映画館がないので、隣の直近映画館でもある茨木市のイオンシネマで舞台挨拶を行ったらしい。

名のある俳優は鈴木とその母の赤座美代子、そして特別出演の雪村いずみくらいしか出ていない。

観に行ったのは、鈴木紗理奈の脳性麻痺の娘を演じている子役に興味があったから。

難しいし、自分の中でどう消化して演じたのだろうと、興味を持ちました。
見事な演技でした。
つまり、途中からそれが演技であることを意識させない存在であったということ。

スタティックな演技をせざるを得ない妹役に対して、健気な兄を演じる男の子も元気でかわいくて良い。

映画全体の内容としては想定通り。
期待以上でも以下でもない感じ。

あと、鈴木紗理奈がええ感じでオバハンになってるなと・・

★★★☆☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です