読書レビュー:ソーシャルストリーム・ビジネス Twitter、Facebook、iPhone時代の消費者を巻き込むビジネスの新ルール


株式会社リクルート メディアテクノロジーラボ
インプレスジャパン
発売日:2010-07-23

なんか、広範な内容を端的に詰め込んでて、読むのにリキがいります。

ソーシャルストリームということなので、SNSを軸に展開していくのかと思いきや、そうでもない。

システムとしてのSNSとインフラ・デバイスの整理により、ユーザ発信型の流れが加速度的に進化していく現象を、どのようにビジネスにつなげていけば良いか、ということかしら。

理解できてないので、脳内で勝手に創造してるかもしれません。

略語(イニシャル)とかが山ほど出てくるので、ついていけなくなります。

めんどくさいので、分からないなりに読み進めていってるので、かなり理解度は低いかな。

中程で、何故かウェブショップの構築のポイント(決済法とか)が語られるので、なんかポイントを絞ってほしいなという感じでした。

小さな本なのに、ちょっと広げすぎじゃないか。

もうすこし、演繹的にポイントを絞ってまとめていったほうが良かったんじゃないかと思います。

現在及びこれからを俯瞰予想するためにはいいかもしれない。

けど、あと1・2回は読み直さないといけないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です