死ぬ夢


a0002_009319

 

今年は中島らも先輩没後10年です。

丁度10歳の差があり、彼が死んだのが今のボクの歳。

無頼派というにはおちゃめすぎる人でしたが、殆ど死に向かって前のめりに突き進んだあげくに、予言通り酔っ払って階段から落っこちたようなイメージです。

常に死を意識していたのでしょうか。

一方、まっだまだ死ぬ気のない、死ぬにはあまりにも何も成していない自分ではあります。

しかし、昔から結構「死ぬ夢」を観ます。夢は「見る」のか「観る」のか。

それも普通の死に方でない、トンデモないシチュエーションなのですが、とにかくリアル。

ほんとイヤな汗で目を覚ますような。

地球滅亡大爆発で、他の惑星に移住するためのロケットに乗り遅れるとか。

理由は分かりませんが、処刑されることになり、切腹するときみたいな白装束を着て斧(!)で斬首され、何故か自分で三宝を持って自分の首を受け止めるとか。

先日は結構普通で、死ぬことは確定していて、自分の葬式の供花の前で焦りまくっている。ふと見ると、いかにも親戚・ご近所さんみたいな人が50人くらい喪服で集まってる。でも知った顔はだれもいないと。「いやいや、集まったって死ぬ気はないぞ!!」と切れまくってるとか。

ほんと、あんまり観たくない種類の夢です。年々死に方が普通になってくるのもイヤ。

で、少し検索をかけてみると。

死ぬ夢って別に悪くないんですよね。

自分が死ぬ夢というのは、目標の達成を表してるとか。

ちょっとほっとしますね。

でも、いや待て。

この手の夢は何度も観てるけど、何かを達成した記憶は特にないが。

誰かフロイトかぶれとか好きな人、教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です