日別アーカイブ: 2011年7月7日

新しい走法


頚椎椎間板ヘルニアが長引いているため、走るとその振動で、痛みが出てくる。

思うように動けないため、ちゃんと走れない。

ずーと痛みを我慢して走るのもつらい。

で、ちょっと走り方を変えてみた。

振動をできるだけ首に伝えないように。

ほとんどの人は踵から着地して、つま先へと移行していく。

これを、つま先からの着地に切り替えると、ようは抜き足差し足忍び足状態になって、衝撃の緩和となる。

現在、五本指のパッと見にには気持ちの悪いスニーカーが流行っている。

これは指が全て分かれているため、裸足に近い感覚で走れるというものだ。

で、裸足で走ると、通常の踵からの着地ができなくなる。無意識に。やってみるとわかる。

これが、人間の本来の走り方らしい。

途中からこの走法に切替えてみると、若干楽になった。

こりゃあいいと、しばらく走っていると、フクラハギがきつくなってきた。

これだけフォームが違うと、いつもは使わない筋肉に負担がかかるのだ。

で、2kmほどで普通の走り方に変えた。

しかし、翌日からそのフクラハギの筋肉痛がかなりひどい。

歩くのにも支障がでる。

しかし、これはこれで違う筋肉を使えてよさそうだ。

ケガも痛いし、少し試してみよう。