カテゴリー別アーカイブ: 正直ブログ

正直ブログ

復活の狼煙総集編(一区切り)


折返し
いわゆるひとつのマイルストーン

胃がんによる胃4分の3摘出後、フィジカル部分の自信を取り戻す為自分に課したマラソン。
まあ、好きで走ってるだけですが。

胃がない=ガソリンタンクが壊れてる という状態でどこまでやっていけるのか。
言い訳をせずに生きていけるのか。

今年に入ってハーフマラソンのレースには2本出ました。
タイムはともかく、ハーフの距離であれば日々の練習でも走っているので、どうということはない。

しかし、フルマラソンとなるとプレッシャーが違います。

練習も30km走などが必要となって来ます。

どうも最近ハムストリングス(太腿の後ろ辺の筋肉)に違和感痛みを感じてて心肺機能も落ちてるような嫌な感じでした。
30km走でヘロヘロだし。不安感しかない。

そんな中で迎えた4月1日の「なにわ淀川ハーフマラソン」「ハーフマラソン」と銘打たれてはいますが、出走するのは今年から実施されるフルマラソンの部。

なにわ淀川ハーフマラソン
ちょうどよい感じの曇天で始まります

ただでさえ退屈な河川敷でハーフのコースを二周するというマゾヒスティックなレースです。
しかし、天候は穏やかで、それほど暑くもなさそう。

前日に整体の先生にテーピングも施してもらい、塩飴やエナジーゼリーなども持って準備万全。酒も抜いて早めに寝た。

目標はサブ4です。

ハーフは2時間を切れるので、単純にその計算でいくと可能なタイムではあります。

その思惑通り、20kmくらいまではペースを落とさずに走れました。

しかし、半分以降で失速。

32km辺りで例のハムストリングスが痛み出し、あまつさえ両足の小指が猛烈に痛み出した。
これは今更ながらシューズが合っていないものと思われます。

ハムストリングスの違和感もこれが原因かも。

そうこうしているうちに、下半身全部が痛み出し、走ってるんだか歩いてるんだかわからない状態に。でも、意地でも歩きません。ましてや止まることだけは絶対に。

ほんと、もう二度とマラソンなんか出ないといつも思いながら走ってます。

42km地点の表示からゴールまでがなんと長かったことか。

結果、4時間39分。くそ。

めちゃめちゃ悔しくて、大阪マラソンのエントリー開始を待っている今日この頃です。

マラソン終了
かなりヘロヘロでした

しかし、フルマラソンを走りきることはできました。
この目標は人生のペースメーカーです。

映画レビュー:「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」


ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
オフィシャルサイトより加工転載

イギリスの歴史について少し勉強をしようと思っているところです。

この映画の原題は「Darkest Hour」。
なんでTheがつかないのかわかりませんが、「最も暗い時間」(夜明け前)ということでしょうか。

今年2018年のアカデミー賞で辻一弘さんがメイクアップ賞を取ったことでも有名です。

メイクを施されたのがゲイリー・オールドマン。

実在の人物を演じてシド・ビシャスからウィンストン・チャーチルまで、なんと振り幅の広いことか。

受賞にふさわしい、完璧なメイクです。

チャーチルに似てるかというと、ベースが全然違うので顔面自体は特に似ていません。
が、多分チャーチルってこんな感じだったんだろうなと思わせる説得力はあります。

ゲイリー・オールドマンって目が可愛いんですよね。
チャーチルの妖怪みたいな目つきとはちょっと違う。

それと気になったのが、演技派のゲイリー・オールドマンが、顔を殆ど覆ってしまうような特殊メイクに抵抗がなかったのかなということ。

顔の輪郭が違うので、かなりの面積をラバーで 覆っていると思われます。

微妙な表情筋が使えなくなるということですよね。
ボクは映画を観ていても全く違和感は感じませんでしたが。

フランケンシュタインの怪物や猿の惑星ならばまだ良いのでしょうが。
正味演技を見せる映画でドアップも頻発しているのにね。

あと、先日の「シェイプ・オブ・ウォーター」もですが、まだ記憶のある程度の昔の街並みや地下鉄駅構内の再現度が超絶高いですね。

黒澤映画なんかはそうでしたが、邦画もこれくらいのリアリティを追求して欲しいです。
映画は真実よりもリアルを目指して欲しいというのが個人的希求なので。

最近は時代の流れに逆行するように、妙に喫煙シーンの多い映画が目に付きます。
(今日も都庁内完全禁煙の報がありました)
劇中のチャーチルは常に高そうな葉巻を咥え(というか噛んで)います。
さすがに絵になりますけどね。

★★★★☆

映画レビュー:「グレイテスト・ショーマン」


the greatest showman
オフィシャルサイトより加工転載

なんだろう。

どこがだめなんだろうか。
いや決して作品としてダメとか全然ないです。

自分の問題です。

周りから(というか娘なんですが)めっちゃ良いから観に行けと言われて行ったのです。ちなみに彼女は3回観に行ってるわけですが。

ヒュー・ジャックマンと相性悪いのかな。
「レ・ミゼラブル」も映画冒頭でで挫折したし。

ヒュー+ミュージカルというのがだめなんだろうか。

映画はキャッチーな曲とダンスから始まります。思いっきりミュージカルしています。
普通ならここで心を鷲掴みにされるんだと思います。

舞台はサーカス。
しかし時代は19世紀。なので現在のシルク・ド・ソレイユな部分もあるけれど、多くは見世物の障害者などのマイノリティで彼らを座員の中心として描いています。
(ヒゲ女・犬少年・小人・・・)

物語の柱として、反差別やダイバーシティの重要性などが据えられいるようです。

そして彼らはおしなべて善意の弱者として存在します。
上流階級からも下流階級からもあからさまに迫害されています。

被差別者を率いて新しいエンタテインメントを作ろうと奮励努力する明るい主人公ヒュー・ジャックマン。わかりやすいし、歌も踊りも楽しい。

自分がもう一回観に行くかというと行きませんが、聞かれたらお勧めする一本です。

★★★☆☆

読書レビュー:「路地の子」 「路地」とは・・・


著者 : 上原善広
新潮社
発売日 : 2017-06-16
本書の「路地」とは被差別部落を指す。
著者は被差別部落の出身者であることを公言し、多くの路地を題材とした作品を著している。

主人公は著者の父であり、物語の中盤から主人公の三男である著者も名前が出てくる。

導入部の屠畜の詳細な描写は読者を選ぶかもしれない。

舞台は羽曳野市など、大阪のどちらかというと南部に近いところである。

ボク自身は大阪北部で生まれ育っているが、やはり、西日本は大規模な被差別部落が多く、大なり小なり身近に感じることは度々あった。

中でも、かつてボクの自宅の近くに市場があり、隣接して大きな精肉店とういよりは精肉工場があった。その入り口には巨大な肉牛を縦に二つに断ち割った枝肉がいくつも吊るしてあった。
その近くでは牛の大きな骨を野良犬が取り合っていたりした。

それを奇異にも思わず日常的に見ながら登下校していた思い出がある。

近くには地名からそれと分かる地区もあったが、関係はわからない。

登場人物は戦中戦後を生きた世代から主人公のように高度経済成長期から今日までの食肉業界の内幕を裏社会とのしがらみを交えて展開していく。

ノンフィクションではあるが、まるで花登筐の描く物語のように見事にドラマチックに展開して行く。
又、時代背景が未整備な行政と同和問題(利権)が絡み合った戦後からの闇社会なので、まさに仁義なき戦いの同和版と言える。

特に後半は同和・暴力団・右翼が利権を巡って複雑に絡み合い、銭儲けの才覚だけはあるが狂犬のよう(作中では何度も気違いと言われている)な主人公や、一人任侠路線を貫くヒロイックな脇役なども登場して盛り上がりを見せる。

とてもフィクションとは思えない展開ではある。
あとがきの中でも、著者は自分の父親に取材している時に誇張しているのではと思ったらしいが、むしろ控えめに物語っているらしいことを語っている。

主人公にはほぼ感情移入することはできないが、自分にはまったくない人格であり、ある意味魅力的でもある。

また、あとがきでも書かれているが、著者もずっと自分の父親を忌避しつつ、実は愛しており、同様な道をたどってきたとのこと。
佳品ではあるが、今のところ著者にもシンパシーを感じることはできない。

✳︎実はこの主人公に似た食肉会社のたたき上げ社長を知っているのだが、リアルすぎてこの文章に書くことが憚られる。

映画レビュー:シェイプオブウォーター


シェイプオブウォーター
オフィシャルサイトより加工転載

本年2018年のアカデミー 作品賞・監督賞・作曲賞・美術賞を受賞した作品です。

で、半魚人です。

普通に、「大アマゾンの半魚人」が造形の基本になっています。

勿論、ギレルモ・デル・トロなんで、彼一流のビジュアルにはなっていまが。
このクリーチャーを演じるのは、ダグ・ジョーンズ。パンズ・ラビリンスでペイルマンを演じていた人。
アメリカ一の着ぐるみ俳優です。

時代は1962年の冷戦時代ということなんですが、描かれるスチームパンクっぷりがすごいです。60年代というよりは40年代っぽい。
この再現度は世界最高のオタクであるギレルモ監督の面目躍如といったところで、それだけで一見の価値あり。
実際に古い映画を観るよりもレトロ。

エログロも爆発で、幼い観客を拒否しているところもある意味シンパシーは持てる。
エロシーンは何の意味があるのか正直わかりませんが。

ホントにギレルモ・デル・トロという人はあのトトロのようなルックスの中に、邪悪な何かが住んでて、どうしてもそれを抑えられないんでしょうね。

ほんの少しネタバレさせると、猫好きは観ないほうが良いかも知れません。

ヒロイン・イライザを演じるサリー・ホーキンスが美人でないところも良いですね。

これ以上なくわかりやすい悪漢ストリックランドを演じるマイケル・シャノンも良い存在感です。

ディズニーとは一線を画する上質ファンタジーです。

★★★★☆

※ネタバレメイキングです。

胃がん その12 低血糖?


低血糖
予測不能

このブログエントリーシリーズは備忘録として書き留めておくことを主眼としており、尚且つ同様の人たちの目に触れ、何らかのお役に立てればと思ってます。

今回は単純に胃切除について起こる症状について書き留めます。

いろいろな後遺症がありますが、ダンピング症候群については、ググってもらえれば詳しく出てきます。

ボクのこれはダンピング症候群かな?と思うような症状です。

やはり、胃がないことにより、栄養の摂取がうまくいっていないことに起因するように思います。

突然冷や汗が出て、体が熱くなり(真冬でも)、非常にだるくて動けなくなります。思考力がなくなり、毎度どうしてよいのかわからなくなるのです。
あ、又この症状だ、と思わずに対処できなくなるのです。

そしてしばらく時間がたってから、いつものアレだと気付く感じ。

多分、極端に血糖値が下がっている状態なのだと思われます。

その証拠に体が甘いものを欲し、羊羹なりお菓子なり(カロリーメイトを常備しています)を摂取すると落ち着きます。

特に食事を抜いた時とかではなく、割りとしっかりと食べた状態の時でも突然にやってきます。

手術直後からは起こる頻度自体は少なくなっていますが、急に襲われるのでやっかいです。

映画レビュー:blank13 


 

blank13
オフィシャルサイトより加工転載

前にも書きましたが、私は長い映画が苦手です。
長さを感じさせない面白い映画は良いのですが、2時間半を超えるとかなると、少し観るのをためらいます。

本作は一般劇場公開の商業映画としては異例の短さ。
70分しかありません。

同じ料金で同じ時間を過ごすのであれば、長いほうが得という気もしますが、大根を買うようなわけにもいきません。大根にしたって、大きいだけでスカスカのヤツより、小ぶりでもしっかりと辛味があるみずみずしいものの方が良いです。

本作は福井の辛味大根のような映画でしょうか。

実話に基いているらしいです。

短いし、ドラマチックな展開もあまりない。

インド映画の対局に有るような作品。

最初から短いのは承知で観ていますが、エンドロールが流れると、え、もう終わりか?という感じでした。

あっさりと潔くて良い感じです。

斎藤工監督の技倆も確かではありますが、ストーリー的に考えても、本作はキャスティングありきの映画であると感じました。

主演の高橋一生はシン・ゴジラ以降売れまくっていますね。

確かに魅力的で非常に演技が上手いと思います。
結構良い年なんですが、そのわりには透明感があるというか。

その兄を演じるのが、監督でもある斎藤工。実は高橋一生より年は下。

兄弟の父を演じるのはリリー・フランキーです(はまり役!!)。

高橋一生も斎藤工も若く見えるので、違和感は感じません。


最近の映画で良くある傾向なのですが、世の流れと逆行して喫煙シーンが極端に多い。

本作でもやたらと吸ってます。しかもハイライトとロングピース。

クズだけれども憎めないヤツ感を出す小道具な感じです。

「カサブランカ」でボギーがやたらとタバコを吸いますが、これが二枚目の象徴でもあった時代もありました。

殆どカメオ出演に近いような感じで魅力のある俳優(芸人・素人)が大挙出演しています。これも斎藤工の魅力のなせる業なのでしょうか。

もっとも、後半は佐藤二朗がしきってます。文字通りしきってます。

悲しいけど笑える映画です。

★★★★☆

2018 寝屋川ハーフマラソン


本日2018年2月25日は東京マラソンが開催されましたが、同日に行われた寝屋川ハーフマラソンに参加してきました。

レース会場の最寄り駅はJR東寝屋川駅で、快速とか停まらない小さな駅なので大丈夫なのか心配でしたが、無事に到着できました。
レース開始が午前9時でちょっと早め。

前日に放出の銭湯「諏訪浴場」に行ったところ、ロッカーの前で変なひねり方をして、ぎっくり腰一歩手前になってしまい、ヤバイなあと不安を抱えつつのランです。

メイン会場の寝屋川公園というのが、かなりだだっ広い公園なのですが、そこを目一杯使って盛大に執り行われております。フードの屋台やグッズ販売など、テントがいっぱい。

寝屋川ハーフマラソン
かなり広い公園です

ステージも設置されており、総合司会がキヨピー@谷口キヨコさんです。

今回の参加者は5,000人。しかし、30,000人規模の大阪マラソンと比較しても遜色ない雰囲気です。

寝屋川ハーフマラソン
結構な参加者

さて、本番は。

寝屋川ハーフマラソン
このコピーは主催者の開き直りか
この幟にかかれているコピーの通り、いきなり上り坂でスタート。
普通はならば体を慣らす意味でフラットな始まり方をするのではなかろうか。
と、思っていたらすぐに下り坂。

普段の練習コースでもアップダウンはありますが、いきなりではない。

おしなべてアップダウンの多いコースでした。
わざとなのか、仕方なく開き直ってこのコピーにしているのか。
それと、やたらと道が細く、マジか?と思うような田舎の練習路的な道が多くありました。

反面、エイドは充実しており、充分に水分補給をすることができて有難かった。
ボランティアの皆さんも非常に多く、沿道の声援やブラバン・チアー・太鼓演奏など楽しんで走ることができる良い大会だったと思います。
皆さん、ありがとうございましたっ!!
沿道の子どもたちとタッチしながら走るのは、気持ち良いです。

最期に上り坂が待ち構えており、沿道のボランティアスタッフから「最期の地獄坂やー!」と声が飛ぶ。ホント地獄。まるで箱根駅伝みたい。

心配していた腰の痛みは問題ありませんでした。

レースが終了し、着替え終わると、テントの一つが整体師さん達のボランティアで無料施術をされていました。

お言葉に甘えて、してもらったのですが、皆はマッサージを受けているんですが、ボクは違う系の人に当ってしまいました。イヤ、しまいましたというのも変ですが、若干期待と違ったので。

なんか、スパイラルテープをペタペタ貼って、どうですか?楽でしょう?とかやたら聞かれる。ロハでしてもらってる手前、はあ、まあとか適当な相槌を打つしかないのですが、なんだか良くわからない。

実際は左の尻からハムストリングスが痛くて、10kmあたりからかなり辛かったのですが、それにはあまり・・・。

寝屋川ハーフマラソン
こんなのをあっちこっちにぺたぺた貼ってくれました

レースは午前11時には終わってるので、ほぼ開いている店はありませんが、帰りには梅田の居酒屋でちょっとひっかけました。充実です。

次回はいよいよフルマラソン復活!

映画レビュー:「ウイスキーと2人の花嫁」 呑みたくなる映画


ウイスキーと2人の花嫁
オフィシャルサイトより加工転載

原題は「WHISKY GALORE」。実話が元になっていて、リメイクだそうです。

時代は第二次大戦中。
舞台はスコットランドの離島。同じ島国の日本人にはシンパシーを覚えるジメッと感が漂います。

小さな小さな島ですが、こんなところにもパブがあり、島の住人が集まってウイスキーを呑みます。
パブといえばギネスなどエールを思い浮かべますが、この島にはウイスキーしかありません。それも老若男女皆が当然のようにストレートでやります。

しかし、ナチスがロンドンに侵攻してきたこの時代。ウイスキーが手に入らなくなってしまいます。

そして二週間、島の人たちの我慢も限界に達した頃、5万ケースのウイスキーをアメリカ向けに積載した船が沿岸で座礁。

さあ、どうなるか。


関係ありませんが、この映画の主人公を演じる俳優グレゴール・フィッシャーが、とあるブリティッシュパブのマスターにそっくりで、それが気になって映画が全く入ってこない。

まあ、面白かったです。

いかにもイギリスっぽくて。シニカルなコメディ。

ジミーな映画なんですが、オープニングからドローンによる空撮で始まり、座礁する貨物船はSFXです。その他はリアルにトラディショナルなんですが、今っぽいなあという印象を受けました。

なんにしても、観終わったら、イヤ観ている途中からウイスキーが呑みたくてたまらなくなります。
良く漫画「レモン・ハート」で乾杯の時にスランジバール!と言ってますが、これをリアルに聞いたのは初めてです。

個人的にアイラモルトが大好物なので、ちょっといっぱい呑みに行こうかな。

★★★★★

映画レビュー:「はじめてのおもてなし」


はじめてのおもてなし
オフィシャルサイトより加工転載

良質な喜劇であり、深い問題提起でもある。

四方を海に囲まれた日本ではつい忘れてしまいがちな移民問題。
日本はほぼ移民を受け入れていない。
KKKはその点を評価しているが、彼らにそれを褒めてもらっても全くうれしくはない。

ww2時代同盟国であり、共通点もあるドイツではあるが、決定的な差異の1つは前述の島国であるかどうかだろう。

欧米の難民受け入れ問題は私たちが想像もできない喫緊の課題である。

我が国は昨今のインバウンドだけで中国を始め異文化の流入に手を焼いている始末である。
それも確かに重大な問題ではあるが、欧米の難民移民受け入れ問題はそれどころではない。

本作ではドイツにおけるアフリカ諸国(イスラム)異教徒の微妙な問題を取り扱っている。

ドイツ・ミュンヘン郊外に暮らす主人公一家、はナイジェリアからの移民を受け入れるのだがまったく善良な妻と人はいいのだが頑固で権威主義のインテリ夫婦の夫婦家族も崩壊の危機にある。
プロットとしては、山田洋次がリメイクしたら面白そうだ。

ナイジェリア・・・日本で思い出されるのはボビーオロゴン。
ボビーの才能努力と日本における成功は賞賛に値するが、本作で描かれている悲劇は同じ出身国の事とは思えない。
おそらくボビーさんも本作を観ているのではないだろうか。
彼も母国の支援を続けているみたいなので。

全体的に非常に軽く作られているのだが、上記の深刻な問題を考えさせるようにできており、上手い映画だとおもう。
諸問題を角度によっていろいろと反射し、考えさせる構成は秀作かと思う。

★★★★★